Admin 

プロフィール

MASAAKI

Author:MASAAKI
もう夜は寒いですね


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


TOP > スポンサー広告 > 『『ガンダム生誕30周年記念』でフィーバーを(1) ?衝撃的真実!リュウ・ホセイ、30年目の成仏!』TOP > 未分類 > 『『ガンダム生誕30周年記念』でフィーバーを(1) ?衝撃的真実!リュウ・ホセイ、30年目の成仏!』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は『ガンダム生誕30周年記念』となり、様々なイベントやコンテンツが展開してきています。

さてわたくしはその中でも特に目玉にしていたのはガンダム・エキスポこと「GUNDAM BIG EXPO」でした。
昨日の1日目は早朝から行動したかったためにユウト引率は断念。朝8時前に会場に着くも既に1500人ほどの長蛇の列が…(^^;

限定販売品にも魅力ありましたが、豪華声優陣のステージにロックオンして物販の列にはつきませんでした。大半は物販に流れた模様。
ステージも一人一回分取るのが関の山なので、吟味。そこで…

「ホワイトベース同窓会」

を二桁台でゲットしました ( ^ ^)/
チケットゲット後は物販を狙うも、こちらも既に2時間待ちのイメージという事で断念。
富野監督による「Ring of Gundam」を他の展示物をスルーして一番乗りで鑑賞!
短編CGムービーで、そうそうたるキャスト布陣ですがショートフィルムのためにあまりにも全体像が掴みにくく、肩すかしをくらった人も多そうでした…私もですが。
ただMSの動きや殺陣は秀逸かと。「アムロ・レイの記憶?遺産?」という気になるキーワードが。なんとなく「GUNDAM Mission to the Rise」を彷彿とさせました。その後の上映も間断無くされていました。

さて「ホワイトベース同窓会」のイベレポ!
後日スカパーで放送されるそうですが、放映前のネタバレです。
ご注意を。
ステージ自体はオープンだったので、立ち見スペースで他のステージも鑑賞できるのが良かったです。これまた他の展示物スルーでもっぱら幾つかのステージを鑑賞していましたが、やっとステージかぶり付きの椅子で鑑賞となりました。
各ステージの開演前にカウントダウンのイントロムービーがあるのですが、これがまたチョーカッコいいんです(^^

出演者はアムロ(古谷徹)フラウボウ(鵜飼るみ子)カイ(古川登志夫)ミライ(白石冬美)ハヤト(鈴木清信)リュウ(飯塚昭三)の各氏。これでお亡くなりになった鈴置洋孝井上瑤の両氏が居れば完璧なWBクルーですね、って何故スレッガーさんが来ていない…?(^^;
にしてもこれだけメンツが揃ったのは一度も無かったとか。貴重な場面です。

それと女性司会者の他,ガンダム芸人のツッチーがMCで登場。

お一人ずつ印象に残ったシーンで生アフレコという趣向。
う?ん、たまりませんねファーストガンオタには!

古谷氏 … ブライトさんに殴られた後「悔しいけど、僕は男なんだな…」というアレをフラウとからんで。

鵜飼氏 … ア・バオアクーでアムロのメッセージを受けて「アムロ!アムロなの!?」というあそこ。平凡人だったはずのフラウが覚醒したようなイメージが印象に残られたとか。ちなみにツッチーは各声優さんにキャラのイメージをかぶせていたようで、フラウとのギャップを突っ込まれてました。ハヤトと結婚したいきさつは「なんでアムロじゃないの?」と不本意だったとは何かで読みましたが、驚いた事に鈴木氏曰く「あんたじゃヤ?よ」と本人から直接言われたとの事でした(^^;
「じゃあ誰が良かったんですか」というツッチーの問いに実は「連邦じゃない、でもシャアじゃない、アレは無理、カイさんとか好きですよ!」という流れに。
古川氏は「なーんだ!そんなこと早く言ってよ!」と眉を下げたところ、古谷氏の「ミハルはどうなるんですか!!」という素早い突っ込みが(笑)
30年前の声を出すのに苦労しているとおっしゃってましたが、声質の変わらなさは郡を抜いて驚きです。「今だに独身!」なんてカミングアウトしちゃうお茶目もププっ!(∀`)
でも個人的には当時、セイラさんよりフラウに萌えていた自分なのでした (*´∀`*)

古川氏 … ベルファストで奇襲を受けるWBを見て「ホント、軟弱者かもね…」と独白した後に帰艦するとこ。カイの仲間を思う気概に成長っぷりを感じたとか。

白石氏 … WBのサイド6出港時カムランに「もう結構よ。お父様によろしく!」というアレ。人はみんな自分で何かを決め、判断して行動していく…そんなミライの強い決意をシンパシーを感じたとか。

鈴木氏 … 「アムロにはいつも勝ちたい、勝ちたいって…」ソロモン攻略戦で負傷したお馴染みのシーン。フラウとからんで。ハヤトの人となりを集約しているとかで。

飯塚氏 … 会場、大盛り上がり(笑)
      ここが本ステージの最大の山場だったのでは?オープニング時から「私は所詮、特攻隊ですから」などと妙な前振りをしていた飯塚氏。ん?どうやらアムロに30年来の恨みがあるらしい。「ここに脚本ありますが、私はこの通り読みませんよ!」という宣言に会場沸く。

シーンは負傷後、特攻直前に病室を抜け出すところ…

ベッドの負傷兵「ダメですよリュウさん、貴方が一番重症なんだから」

リュウ「そ、そんな事言ったてな…ホワイトベースが沈んじゃ何にもならんのだからな!」
    ※みたいな

と、言うはずが…

リュウ「そ、そんな事言ったてな… 






















































リュウが死んでもアムロは何も言わず、マチルダさんが死んだら“マチルダさ??ん!”なんだからな!
※そんな雰囲気のアドリブ
























































「ソコですか!!」
もちろん会場爆笑の渦。
一応?ハヤトを責め立ててたじゃないですか、妬いてるんですか?命を救ってやったのに、という恩義があるようでした。(笑)確かに個人的にはリュウさんの特攻シーンは全話中でもララア死亡シーンと並んで切ないシーンの筆頭なのであります。
でも古谷氏はアノ「マチルダさーん」絶叫時には録音前にたっぷり感情を溜めてから入れたのだそうなので…
古川氏はどうやら当時から知っていたようで、これを古谷氏にすら30年来話していなかったとは氏の口の堅さには何か畏敬すら感じましたが。

でもコレってWikiに追記されてもいいトリビアですね。
《 30年来、リュウは浮かばれずにいた 》
いずれ加筆されますよ、ホント(^^

ツッチーのならばここで追悼しましょうよ、という声かけで古谷氏が即興。


リュウさん…リュウさん…リュウさん…リュウさ??ん!!


正に耳に馴れたあのイントネーションまんまでご披露、お見事です。
満場の拍手!

飯塚氏は既にWikiで“ダジャレ好き”と書かれていましたが、壇上でもしょっぱなからその勢い見せてましたね?。
人造人間キカイダーで主人公より好きだったハカイダー役をやられていたようで驚き (;゜ロ゜
まぁわたくし的にはリュウさんのだみ声で「マチルダさ?ん」を聞けたのがメッチャ希少かと(爆)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cookingcreator.blog63.fc2.com/tb.php/536-1886916e


お料理大好き! | 

▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。