Admin 

プロフィール

MASAAKI

Author:MASAAKI
もう夜は寒いですね


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


TOP > 2009年04月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年、放映30周年を迎える「機動戦士ガンダム」を記念し、実物大のガンダムが制作されるようです。
「東京ウオーカー」
イベントも色々あるようで楽しみですね?(^^
期間中は出張も入れずに夏期休暇を取ってユウトと日参しようかな?(笑)

╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━

↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回ポチ!っとして頂ければ幸いです(^^ゞ

               

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・‥・╋━
スポンサーサイト
万葉集… 作者が天皇から庶民まで幅広く、情感を素朴な表現で力強く伝えるとされる和歌集。
平安時代における貴族(インテリ)が読む歌の方が揶揄や言葉遊びに富んでいて洗練されたイメージがあったので、掘り下げて勉強をしたわけではない自分的にはコチラに好感度の軍配はありました。

かの有名な貧窮問答歌は気持ちが空寒くなるし、山を擬人化したり景観をストレートに表現するだけ、のような歌には今ひとつ感情移入がしくいものでした。
まして山上憶良の歌に代表されるような「瓜や栗を食べて子供の事を思い出してしまった」などという内容は子煩悩というより、か細くてひ弱極まりない異次元人のような古代人の感傷チックという認識だった訳ですが…

もう数年も前の事です。
出張先で休憩の時、ホッと一息ついて机上にあったゆかりのえび煎餅をポリッと食べた時、
「そういえばユウトもこの煎餅が好きだった…食べさせてあげたいから少しもらっておこう…」
などと思い浮かべていると、ピキーン!と頭の中に閃光が一筋差して咀嚼が止まり、

「あ…あ…、こ、これだったのか!」 ( ;゜Д゜)

“かの人”の気持ちが悠久の時を越えてきた瞬間でした(笑)
煎餅片手にTVを見ながら「パリリ…」と食むかわいらしい音が思い起こされるともう胸が一杯になり、「今すぐユウトに会いたい…」と思わずじ?んと目頭が熱くなったものです。煎餅をかじりながら(爆)
それは子煩悩古代人のハートにシンクロしたことへの驚きと喜びでもありました。
後日は職員旅行の夕食でイチゴを食べたときでもそれは“不意に”胸に去来しました。
古い歌をたしなむのはそういった「それってあるある」といった共感が大事なんでしょうね。
↓この歌もかなり好きですけど
壬生忠見「恋すてふ我が名はまだき立ちにけり」

そんな万葉集に惚れ直した勢いで昨年応募した「平成万葉集」ですが、選に漏れたようなので一つブログのネタに…子等を思う歌にオマージュしています。


その一

煎餅を
食む音に偲ぶ
愛息子

(読み)
せんべいを
はむねにしのぶ
まなむすこ
(解説)
いつの時代も人の心は変わらないものなのだなと、しみじみと感性で実感、そして確信。


その二

頬の飯粒
我が子かわいい 
しばしそのまま

(読み)
ほほのめしつぶ
わがこかわいい
しばしそのまま
(解説)
二人で外食をした時、ユウトの頬に米粒が付いていてかわいらしかったのでほっといて食事を続けていた訳ですが、次にふと見ると米粒が同じ位置で海苔に替わっていて「どうやって!?」とパパちゃんは思わず噴出した時がありました。
ユウト「なんでわらってるの??」


その三

苦あれども
繋ぐその手の
温かさ

(読み)
くあれども
つなぐそのての
あたたかさ
(解説)
子育てはホントに大変…でも心温めてくれる瞬間もある。
そんな時期を後で思い返す時は、暖かくも切ない気持ちになる予感がします…


コレは親にならなければ判らない親の気持ちだったのですね。
山上憶良氏よ…貴方のポエムは時を越えて一人の男の胸に深く感銘を刻みましたぞ…





╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━

↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回ポチ!っとして頂ければ幸いです(^^ゞ

               

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・‥・╋━

お料理大好き! | 

▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。