Admin 

プロフィール

MASAAKI

Author:MASAAKI
もう夜は寒いですね


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


TOP > 2006年05月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市場に様々な商品があふれる「ガンダム」は人それぞれ楽しみ方があります。釣り好きの人でも沼、海、湖、河など好みに併せてステージをチョイスするように、ガンダムも楽しみ方は人それぞれ。映像にはじまりゲーム、プラモデル、フィギュアの改造、グッズ、漫画、食玩、同人誌、コスプレ(笑)など楽しみ方も多岐に渡ります。ネットでは作品年表や登場人物、マシンの紹介をするサイトが多々あります。自作小説を掲載する人、さらにそこに自作CG付きの画まではめ込む強者もいらっしゃいます。オリジナルイラストで目を見開くような秀作もネットにあまた散在しています。
ガンダム好きは皆、映像(物語自体)好きなのは基本ですが、それに加えて何を中心に楽しむかが細分化しています。

私の職場にはモデラー(プラモデル好き)とゲーマー(ゲーム好き)が一人づつ居ますが、私は主に映像、フィギュア、ゲームを中心に楽しんでいますが、分類上ではコレクター(収集家)と言っていいでしょう(^^
私は主に懐古グッズ、いわゆる放映当時ものをオークションなどで蒐集しています。超合金、ソフビ、めんこ、絵本、LSIゲーム、ちらしなどの各種印刷物、文房具、ポスターにはじまり、VTRやDVD、ゲームソフト。書籍ではムック、イラスト集、小説、マンガ。各種トレーディングカード類もチェックしています。
g_room1.jpg
現在バンダイ社がプラモデル並に力を入れているMIA(モビルスーツ・イン・アクション)というシリーズは現在100体以上所有しています。
このフィギュアコンテストでは最優秀賞を頂きました。

バンダイ 魂ウエブ

g_room3.jpg

稀少価値的なものではファースト、Zの有名シーン原画やセル画。ターンA最終回コンテ、声優陣や富野監督のサイン。「逆襲のシャア」第一稿版の富野監督が切ったコンテ等々を専用「ガンダム部屋」に陳列しています。
(マニアのみ理解できるTIPS)ちなみにこの「逆襲のシャア」コンテでは当初サザビーがザ・ナックと銘名されていることが判ります。サザビーのネーミングはエルメスに対する「逆襲の富野」?
(マニアのみ理解できるTIP2)また、ギラドーガの原画が間に合わず富野監督の「マラサイ借用」という走り書きがあり、全編マラサイの絵が流用されています。
g_room2.jpg
ヤフオクのガンダム懐古グッズで競うIDはたいがい決まってますので「うわっ!この人また入れてきた!」とお互いに戦々恐々なのかと(笑)
これも28年の歴史を持ち始めたガンダムの一つの楽しみ方かな、と思います(^^



╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━
↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回のポチ!して頂ければ幸いです(^^ゞ

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・ ━━


スポンサーサイト

一番好きな小説家

は芥川龍之介だったりします。厭世観が濃いーとか社会を風刺しているとかいう書評が多く確かにそうなのですが、私個人が抱くイメージは
「90年前のアクション・エンターテイメント作家!」
です。小中学生の時、教科書で「羅生門」の不気味さと「杜子春」の切なさに魅せられたのが最初でしたが、読み散らかしていくと作風のバラエティ豊かさに驚きを感じました。

平安時代の「今昔物語」に題材を求めているものが多くあるのも特徴でしょうか。
「鼻」なんてドリフのコントかよっ!ってなシーンもありますし「芋粥」の主人公である下級貴族氏のモジモジとしたひ弱さには“萌え”を感じます。「地獄変」「藪の中」などは文字のすき間に不気味なものが漂っているようで何度読んでも恐いですし「邪宗門」は手に汗握る超能力対決がクライマックス!というところで惜しくも断筆となった作品です。「偸盗」のチャンバラシーンも臨場感ありますし「蜘蛛の糸」の様な叙情的作品も魅力的です。「秋」では色恋を絡めた心情描写もいいですが同じ恋愛でも「好色」のクライマックスは笑う、いや明らかにこれは爆笑ものです。以上「秋」を除いて全て平安王朝期の物語でした。

それにしても今まで小説を読みながら声をあげて笑ったのは、芥川龍之介の「好色」と筒井康隆の「薬菜飯店」、映画フォレストガンプの原作本の3点です。

角川文庫版は天野喜孝氏の幻想的な装丁が芥川ワールドにこの上なくマッチしていて、実に素晴らしい!!画集がでないものでしょうか。
天野喜孝氏装丁の文庫本

精神を患い36歳で服毒自殺するほど繊細な神経の持ち主だった故か、文体はカミソリのように鋭く無駄が無いと言われています。精神的に追いつめられている末期の作品は確かにクレイジーです(^^; 
芥川語録で文学を鑑賞するには「作品に素直に接するのが大事」とあり、続いて「万葉集を会社や銀行の定款と同じ感覚で読んじゃいかん!」ときています。この引き合いこそ氏のユーモアセンスが光っております。

芥川氏の作品中にはそういった「クスッ」とくるユーモアが、巧みなカミソリさばきで行間に埋め込まれています。そんな文体も魅力の一つです(^^ 



╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━
↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回のポチ!して頂ければ幸いです(^^ゞ

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・ ━━



鬼才!福井晴敏!

福井晴敏氏は1968年生まれでわたくしと同い年。出生場所もそれぞれ墨田区と葛飾区で下町生まれの下町育ちでご近所さん。そして彼も大のガンダムファン(爆)厳密に言えばガンダムの生みの親である富野由悠季(とみのよしゆき)氏にクリエイターとして尊敬の念を抱いてらっしゃるのだそうです。

福井氏は著作「トゥエルブY.O.」が江戸川乱歩賞を受賞した折に、誰にでも献本できる副賞を利用して富野氏に贈呈。それがご縁でTVシリーズの「ターンAガンダム」をノベライズ。そして近々オリジナルのガンダム小説を映像化も視野に入れて書く予定で、本人は相当にやる気マンマンだとか。そもそも昨年、映画の原作となった「終戦のローレライ」自体、ガンダムが底流に持つ思想観や人物群像を多いに意識しまくって書いたと作者、カミングアウトしております。同い年かつガンダム好きである私は、ガンダム(つーか好きなもの)をメシの種にし、かつ世に受け入れられて評価されている様を見て、生まれて初めて人様の才能に嫉妬しました (~_~メ)

実績として「終戦のローレライ」は「吉川英治文学新人賞」「日本冒険小説協会大賞」を受賞。「亡国のイージス」は「日本推理作家協会賞」「日本冒険小説協会大賞」「大藪春彦賞」の3つを受賞。直木賞候補にもなっています。

嫉妬と尊敬は表裏一体。大ファンになったので昨年「亡国のイージス」と「戦国自衛隊1549」のサイン会に二つとも子連れで(面倒見る人が居ないので連れていくのです)出席!それぞれサイン会にヤフオクで収集したセル画、原画、超合金、フィギュアなどの稀少コレクションの一部を進呈。

「わ?!頂いちゃってよろしいんですかぁ?」口元を崩してニタ?っとした目が忘れられません(笑)
「是非、福井さんに所有して頂きたいです」

と、いうことで贈り物は喜んで頂けたのでよかったです。
「ターンAガンダム」は改題されて文庫本「月に繭、地に果実」として再版。戦国絵巻のようなジャケットがステキで、いわゆるジャケ買いしました。どさくさに紛れてこちらもサインを頂戴しました。↓

SANY2187.jpg

同時に両作品をイメージした創作料理のレシピもプレゼント。この料理のレシピと画像は後日アップいたします。
おまけに昨年夏、浅草花やしきで開催された「亡国のイージス」PRイベントにも家族で出席!子供と共に壇上にのぼって旗揚げゲームに参加して勝ち、サイン入りのTシャツをゲットしてます(^^
本の下がソレです↑

そもそも私くらいの壮年期の社会人諸氏は世の中に実績を顕わしてきている世代です。
私はというと…夕方帰宅後、休む間もなく子供を迎えに行ってから買い物、炊事、洗濯、おもちゃの片づけ、子供の入浴・歯磨き・寝かしつけ。今年は当番の町会費集金にマンションの部屋を廻る。来る日も来る日もそんな雑事に追われる身であっても「幸せ」という認識は湧きます。しかし達成したい目標を持って邁進する事ができていない、という点では「欲求不満」に陥いっております。ガンダムだゾンビだとレクリエーションをしたってそれとこれとは別の話。だから夢だった仕事に就き、それに取り組みながら家事育児にいそしめる妻はまだ羨ましい。

このブログをスタートさせたのは自分の「新しい夢を掴むため」の第一歩のつもりです。
福井氏、そして社会に評価を出している同世代諸氏への嫉妬…それは焦燥が生む憧憬でもあるのです。

(おまけ)
一枚撮ったところでミヤオが「あそんで?」と乱入…
SANY2188.jpg
しょうがなくお尻をチョイチョイとなでてあげました(^^;
ミヤオは喜ぶとお尻を高々とあげます。(何だそりゃ)
SANY2189.jpg



╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━
↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回のポチ!して頂ければ幸いです(^^ゞ

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・ ━━


「元旦」

18日、わたくしの誕生日に中目黒の「元旦」で上さんにご馳走になりました。以前から入り口にのれんだけ掛かっているのを見てだいぶ気になっていたのですが、子供が上さんの実家に合宿(笑)していたので気兼ねなく足を入れました。

和食中心でなかなか気の利いたメニューが並んでいました。こだわりの内装と食器(益子焼だったかな?)も良かったです。料理の味はどれも良かったです。きちんとした仕事を覚えてきた人が作っているなぁ、と感じられました。ただ揚げ物を3品注文しましたが、コレはどれもべちゃ?っとしている上、軽く冷めていてダメでした…(-_-;  また来たいとは思いますが、揚げ物は頼まないでしょう(苦笑)あとデザートメニューは陳腐で全く食べる気が起きませんでした。

原酒をシェリー樽で寝かせたという米焼酎の「いきいき」が旨かったです。シソやゴマとかのようにネタものかと思いましたが、結構いけました(^^

大食い屋の私が遠慮なく力一杯食べ、二人で3杯ずつ飲んで16000円程だったのでまずまずかと思います。帰りは中目黒のダーツバーでデザートを食べ、ダーツで遊んで帰りました。

言葉の成長

この頃ユウトの言葉が言語明瞭になってまいりました。「?食べるぅ」「?飲むぅ」にはじまり「ちょっとまっててネ」「よくみててネ」「いっしょに行く?」「?してよぉ」とか「半分こいらないーい」←1個よこせ、など主張に関する言葉が先ずは発達するのですね(^^;

少し前までは
船 → うね
ジュース → ジュッチュ
象さん → じょうしゃん
でしたが最近は発音もだいぶ人らしくなってきています。
彼の好きなトーマス関連の発音イメージを平仮名と片仮名の混合で表現してみましょう。
エドワード → エドわ
バスのバーティ → バスのばぁピィ
ヘンリー → ひぇんリー
ゴードン → ドぉードン
となります。

働く車が好きで「パワーショベル」が「パパーしゅ」だったのですが、両親2人して面白がり、そのまま「パパーしゅ」で通してました。
父「ほらユウト、パパーしゅだよ!」
ユウト「あ!パパーしゅ!!」
しかし最近は
父「ほら、パパーしゅ居るよ!」
ユウト「ちがうよ、ぱわァーしょベルだよ」
といつの間にやら憶えたか訂正される始末。
娘がお風呂を一緒に入ってもらえなくなった父親の気持ちの何分の一かは判る気がする今日この頃です(笑)
それ程強いわけではないですがお酒は好きです。
グレンフィデック12年を上さんが実家から持ってきました。義父がスコッチ(特にモルト)が好きで、よくお土産に頂戴しています(^^ 昨年義父の退職お祝いにはマッカラン18年(12000円位のヤツ)を贈りました。もちろん“便乗味見できるぞ”期待感満々だった訳ですが(^^; 想定通りその場で封は切られて目標は達成しました!味はというと………飲んだときのおいしい、おいしい、という感想以外は忘れてしまっております(´o`;)

食事とお酒はとても密接な関係だと思います。私の職場の生徒達は未成年なので、その辺を実践で理解させることができないのでもどかしいものがありますが(^^; 未成年が背伸びでお酒をたしなむのと違って成人後、常にお酒をとるようになると食べ物の“味”も変わってきます。嫌いなものが好きになったり、その逆もしかり。

お酒と食べ物には相性がある、といわれています。和洋中の様式を問わず、私が“個人的”に好きな組み合わせはこんな感じです。
日本酒 … 生魚、魚の煮込み、火入れされた野菜
焼酎 … 油っこい料理、肉料理全般、生野菜、野菜料理全般、魚料理全般
スコッチ・ブランデー … 油っこい料理、魚料理全般、肉料理全般、火入れされた野菜料理
ビール … 油っこい料理、肉料理全般、生野菜
赤ワイン … 肉料理全般、火入れされた野菜料理
白ワイン … 火入れされた魚料理、肉料理全般、火入れされた野菜料理
発泡系のお酒 … 火入れされた料理全般

チーズはどのお酒にも合うと思いますが、リキュール系でベタベタに甘い物なんかもOKかと。他には果物、ケーキ、チョコレートが合うお酒があったりしますよね。
生魚系、特に刺身で日本酒は抜群なのはもちろんですが、スコッチやブランデーなどの蒸留酒系は生魚にあててもいけると思います。し・か・し、私は誰が何と言おうと「生魚介類に白ワイン」の組合わせは好きではありません(^^# しっかり火入れされて油分の多い調理法であれば、スッキリとした切れ味の白の爽快感はなんとも心地よいのですが。あとビールや発砲系のお酒(シャンパン等)と生魚の組み合わせも好きでありません。

生牡蠣をゆっくりと味わった後に嚥下。後に白ワインを口に含むと、舌の付け根からなんともいえない生臭みが沸き立ちます。ヒラメの刺身なども舌の上に何か余計な成分が残る感じで、どうも口当たりが悪い気がします。シャルドネであろうがカベルネであろうが、拡げてモエシャンドンであろうが一緒。欧米人は生牡蠣と白ワインの相性は黄金律と絶賛してますが、私には理解できない(好みでない?)味なのです…(^▽^;) 

川崎市元住吉で「減塩&素材味を生かした家庭料理」というお題でお教室を開講いたします。内容は、
☆鱈と貝の旨だし蒸し、梅肉添え
☆鯛の昆布締めのサラダ仕立て、温泉卵添え
の二品。調味に塩は使わず挑戦します(^^

[開催日時]
------------------------------------------------------------------------
・2006年5月27日(土) 14:00?16:15 (開場13:45、閉場16:30)

[教室開催会場]
------------------------------------------------------------------------
・川崎市国際交流センター(元住吉)

[参加費用]
------------------------------------------------------------------------
・会費、材料費 3,500円/名

お申し込みは下記リンクより詳細をご覧下さい。

COOKING SCHOOL「S・T・Y・L・E」

ご参加お待ちいたしております m(__)m
↓ HN「ふぃがぞう」でございます(^^

バンダイ・デジラマ選手権

同シリーズのフィギュアは100体ほどコレクションしています。
さて景品の10体は8体が既に所有していました(;´д`)トホホ
でも嬉しい(^^
第2回が開催された時に備え、既に次回作の構想もあります(爆)

なんと21年ぶりにガンプラを作りました(^^
シドミードという有名なインダストリアル・デザイナーの手になる「ターンXガンダム」というモビルスーツです。
1/144というスケールなのですが、この「ターンX」他にまともな形では造形物がリリースされていなかったので、必ず作ろうと数年前から企図しておりました。
敵役なのですが、この禍々しいデッサンにめっちゃシビレますヽ(*´∀`*)ノ


SANY2179.jpg
SANY2181.jpg
SANY2180.jpg
SANY2178.jpg




╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━

↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回ポチ!っとして頂ければ幸いです(^^ゞ


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・ ━━



Amazonプレビュー

レッツゴー3匹?

ベロが出ていて失礼します。これがウチの「みやお」です。すごく太っていて、とても大きいです(^^;
miyao.jpg
上さんと同棲をはじめる時に連れてきて以来の付き合いです。私にとてもなついてくれています。もう暖かいので布団には潜ってきてくれませんが、枕の横にチョコンときて一緒に寝てくれます(゜∀゜) 
このみやおのおかげで私は猫のかわいさを知り、犬派から猫派へと転向しました(^^ 

昨年10月頃の写真です。2匹?共なぜか段ボール箱が好きでよく一緒に入ります(笑)
20060512174948.jpg
ご覧ください。みやおの耳を↓ 
嫌な事をされたり怒られたりするとみやおはこの耳をします。これを我が家では「イヤ耳」と言ってます。他には「イヤ耳」と同じ形だけど気持ちのいい時やうれしい時にする「イイ耳」とか、美味しいものを食べたり舐めたときに「フワッ」と左右30度くらいに拡がる「ウマ耳」というものが存在しております。
それにしても、みやおの「イヤ耳」どこ吹く風。ユウトはご満悦な表情です…
20060512174841.jpg
更に更に、みやおのお毛毛の感触が好きな息子のユウトはお構いなしに頬をすり寄せて満喫しています。
20060512174908.jpg
この後、みやおはたまらず段ボール箱から退散していきました。
でも、こんな風に仲良く寝たりもします(^^
20060512174936.jpg
以上、上さんの撮影でした。

そしてこちらが「ロキシー」です。上さんが映画「シカゴ」が大好きで、そのヒロインから名前をとってます。メスです。これは5月の写真で、今は髪型が替わり、いわいるプードルらしい髪型になってます。
20060512175006.jpg
ユウトはロキシーに甘噛みされて泣かされたり、おもちゃを取り上げられたり壊されたりとひどい目に遭わされていますが、嫌いでは無いらしくいつもロキシーの事を気にしてくれているようです(^^ これは電車ごっこで家中を走り回っているところです。
20060512174854.jpg
「ロキシー、ハウス!」と言ってケージに入れるのですが「ユウトもハウスぅ」と言って一緒に入ってしまいました。しかも「コレしといてぇ?」と、鍵を閉めろと要求されました(笑)
20060512174040.jpg
さて、実はこのブログの記事を書いている最中、ずっとみやおはわたくしの膝の上で寝転んでいたのでした。あぁ?、姿勢つらかった…。
夜中の2時30分に起床。三浦半島の松浦にて同僚4名で仕立て舟に乗りました。一年くらい前からお誘いいただいて以来、お付き合いしています。腕前は……ヘタです(^^;

前回4月に行った折は、厳寒の空模様!しかも雨。帰宅後私は38度5分の高熱を出しました…(*´д`*) 今日は前回よりはましなものの、昼前から雨が降ってきて早めの切り上げになりました。

前回の釣果は20センチの石鯛一匹…。今日はタイ、アジ、サバ狙いでした。本日は40センチと30センチのサバが2匹。25センチくらいのイサキでした。イサキは刺身で美味しかったものの、サバは脂がなくて美味しくなかったです(;;) 味噌煮と塩焼きで平らげました!
前回の「嫌いなものを作らない、好きなものだけ作る」これだけでは観点だけで何だか大ざっぱですね、へへ(^^ゞ
ではもう少し掘り下げるといたしましょう。何事でも上達するには数をこなす事ですよね?それは料理にもあてはまります。上手くなるには沢山作る!色んな調理法を経験する。これに尽きます。じゃあ主婦(主夫?)は毎日ゴハンを作るから絶対料理が上手?…といわれるとそうではない場合もあるかと思います(^^;;;

そもそも、料理の出来が日によって良かったり悪かったり“ぶれる”事が無い、もしくは“ぶれ”幅が少ないのがプロというものです。ビギナーの方であれば「あぁ今日は肉じゃが煮崩れちゃった?。でもこれはこれで美味しいよねぇ♪」という感想をよくお持ちになられるかもしれません。家庭料理なら、それはそれで構わないことだと思います。

しかしプロの場合は「この料理は薄味に仕上げたい」とか「仕上げに焦がしの風味を加えたい」「色よく揚げたい」「形良く煮上げたい」もしくは「クタクタに煮込んで渾然とした味わいを出そう」とか目指す料理のイメージがあるわけです。しかしプロでもそのイメージを完璧に仕上げる事はとても難しいことです。どこか妥協点があったり、技術的が及ばなかったりすることもある訳です。それを飽くなき改善向上を求める人が達人になっていくのでしょうね。

皆さん、次回作る料理は最初にイメージをしっかり想定してはいかがでしょうか?「こんな風味にしたい」とか「あんな仕上がりにしたい」etc。それに近づけるために素材、道具、調理法など様々な角度からアプローチの必要性を感じると思います。知識不足で調べなければいけない部分も出るかも知れません。技術面は繰り返しこなすことで、大概の部分はクリアーできてくるものですが、そういった考え方を一つお持ちになることで、素人の方でもワンランク違いのある“お料理上手さん”になれること請け合いです(^^
http://www.benetton.jp/door_kitchengoods.msp

衛生面と洗浄し易さに優れている一体整形の耐熱スパテラを探していたので、宮島(おしゃもじ)と共に即ゲッツσ(^_^)σ

ベントン

しかし製造元を見ると中国、香港にオフィスがある会社。HPにアクセスしたところ、店頭でよくみ かけるデザイナーズチェアーのミニチュアも販売していました。流石にベネトンからのライセンスは取得しているでしょうが、デザイナーズチェアーはどうなってるのでしょうか(^^; 

ちょっと気になっていたところ土曜日、渋谷の東急ハンズでデザイナーズチェアーのフェアをやっているのを見ました。有名デザイナーの逸品物の椅子が中国製の模造品(?)として販売されていて「コレ、ライセンス取ってんの?」と驚きました。価格はオリジナルの1/2から1/5です。

帰宅してブログの記事を書こうとしてどうしてもライセンスが気になって昨日電話でハンズに問い合わせたところ「ライセンスは問題ない」という回答でした。同製品はイタリアでも同型品を生産する会社もあるのだそうです。「レプリカを謳って製造している訳ではないので」という理由もあるそうですが、それも何だかですね(^^; 判る人以外は「いい形だなぁ」と思って購入すればそれがオリジナルになるわけですからねぇ。

中国は海賊版大国で版権侵害に関して世界中から問題視されています。食に携わる私にとっては輸入野菜も気になる問題です。かの地は農薬の人体に対する危機感もゆるければ、規制も世界一ゆるい国なのだそうです。一昨年あたりでしたか?冷凍野菜に日本の基準値を数十倍上回る残留農薬が検知されて問題になりました。最近は産地表示が盛んになりましたが、いいことですね。私は中国産野菜は極力購入しません…ってアレ?インテリアの話じゃない(^^;

連休中にMac_miniを購入!
☆光回線にあわせてネットブラウズの速度アップ!
☆iPodの活用!
☆職場のコンピューターもウインドウズがメインになる(Mac_miniにはウインドウズインストール可)のでそれにあわせて!
という目的でした。

ウインドウズインストールを見越してメモリも1GBに!しかし5、6年前に256MBのメモリを搭載したときは大喜びだったのに…。
結果… ブラウジング速度劇的向上、めっちゃサイコー!0(≧ω≦)0



でもこのスピードも数年もすれば慣れてしまうのは怖いですよね(^^;
過日、仏製「ルクルーゼ」のグリパンを購入。



キャンペーン中だった2000円分のキャッシュバックを利用して「FOR REAL?」を購入!
本日届いて早速、夕食を作りながら&食べながら視聴!
う?ん、イイ ( ̄∇ ̄
彼独特のジャパニーズランゲージに昇華されたR&Bは健在&パワーアップ。往年のファンも耳新しい人も置いてきぼりにしなかった処はやっぱサイコー!




ロック、フォーク、ジャズ、テクノ、クラシックと色々なジャンルが好きです。

小学4年生位のときにビージーズ、クイーン、ABBAが大流行。友人に誘われて聞き始めてハマった事が洋楽事始めでした。小学高学年の時はモンキーズを教えてくれた友人にアノ「YMO」を紹介され、これにまたハマりました。今でもアルバムはCDですべて持っていますし、ソロアルバムもずいぶんと買いそろえました。

さて紹介されてばかりいた(?)私が独自にたどり着いた音楽的趣味は「ブラック・ミュージック」でした。R&Bをはじめ、ファンク、ヒップホップ、レゲイ、ストリート等のダンスミュージック。様々気持ちいいものを集めていたら「あ、黒人ばっかりだ…」と気づいたのです。UB40は白人のレゲエユニットということですが。

最近はショップに寄り道する時間も無いので流行が分からないのですが、好きなミュージシャンはベイビーフェイス、マキシ・プリースト、ヘビーD、ウィル・スミス、スティーヴィー・ワンダー(←久方ぶりの来日コンサートは行きました!)、MCハマー、ホイットニー・ヒューストンにジャネット・ケイ。お年が知れるというものです(^^;

若かりし頃、寝る間も惜しんで青春を謳歌した時代に忘れられないのはボビー・ブラウンです(^^ 天才ベイビーフェイスの手になる名曲「エヴリ・リトル・ステップ」はエンドレスでドライヴィングミュージックにしたものです(しみじみ)きっとこの曲はいつかリメイクされるでしょう(確信)
しかしこちらの紹介文はサイコーです(笑)居たよな?ボビオ。
http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD18398/index.html

特に好きなのはこちら「ガイ」
http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD16197/index.html
『Juice』というアルバムでもヴォーカル・ワークで参加していたと思います。

過日の職員旅行でiPodが当たりました。自宅や車中でのミュージックプレジャーに最適かと思いきや……音質の悪さに辟易いたしました。目下、有効活用法を研究中です(^^;
この作品、子供の頃に鑑賞した印象と大人になってから鑑賞した印象が違う事でよく語られていますが、私が大人になってから新たにとりこにされた魅力は、この作品が及ぼす『社会的影響力』です。

ミュージシャン、芸術家、作家などのクリエーターにもファンを持ち、かつて洗礼を受けた少年たちがロボット工学や宇宙開発などの研究者に散在しています。少年期に視聴者が30代から40代に差し掛かり、社会的営みの中で中堅層として周囲に影響力を持つ年齢となって、かつて受けたインスピレーションをその職域で発露し、その結果がまた社会の中で一つのうねりを生む。そんな社会現象すらあるのです。

そして600億円とか1000億円とかいわれるガンダムが創出した市場規模も、何かをつくり出したり創造する事にあこがれを感じている自分には一社会人として感銘する以上に畏怖の念を抱いています。

企業はガンダムが生む利益を追求していきます。そのために投入される最新技術は(私も含め)消費者に驚きや感動を、次々と与え続けてくれています。大人である私が飽きることなく楽しんで追っかける事ができる訳がここにあります。毎年毎年、発表されるコンテンツをチェックするのは、これもまた楽しさの一つなのです。

さて昨年バンダイはTVシリーズ2作目の機動戦士Z(ゼータ)ガンダムの劇場公開、ならびに新作TVシリーズSEEDデスティニーに関連した商品展開で増益であったそうですが、今年の暮れに再び増益につながる見込み大の商品が市場に投入されます。

それは初代ガンダムのDVDボックスです。ネット配信はされていましたが、意外にもレンタルビデオ店でVHSのみが普及しているだけでした。ファンの間でも待ちこがれていた商品なので、ヒットは間違いありません。バンダイビジュアル、創通エージェンシーなど各社の株価は『確実←力説』に上昇します。私はネットトレーディングしませんが、やっている方には超有望株として推奨します(^^ 今のウチにかっといた方がいいですよ!!





ガンダムには様々な楽しみ方があります。基本的に皆、映像が好きだと思いますが、他にはゲームが好きな人、プラモが好きな人等々あります。私の分類はというと……“コレクター”なのです。それはまた次回に(^^


╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━
↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回のポチ!して頂ければ幸いです(^^ゞ

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・ ━━


「野の葡萄」

私の実家、亀有には「アリオ」が今年になって開店しました。
http://www.ario-kameari.jp/
店舗も品揃えも豊富で、今流行っている飲食店もたくさん入っていて楽しいスポットです。

ここにある和食中心のバイキングレストラン「野の葡萄」はこだわり野菜を使って気の利いた創作料理を供しています。
http://www.budounoki.co.jp/m1_eat/m1_eat.htm

内装はなごみ系のおしゃれです。お椀や取り皿、湯のみなど一部の器は形違いで選ぶ演出になっています。いりこだしの吸い物やけんちん汁はとても味がいいです。お料理は全般的にホッとするようなおだやかな味付けで、とても美味しいです。自家製ジャムやパン、お漬け物もあってソフトドリンクも各種のみ放題。

これだけの内容でランチ1600円、ディナー2400円(いずれも大人)はリーズナブルかと思います。休日などはいつも大盛況です(^^
私は何か新しいものをつくり出したり、創造する事にあこがれを感じています。

料理の道に進んだきっかけは幼少の頃ですが空腹も手伝って格別なものではない、とある夕食が非常に美味しく感じた時があり感動したのです。「ご飯が美味しいのはこんなに嬉しくて楽しいことなんだ!ボクも大きくなったら美味しい物を作って人に感動してもらおう!」と心に刻んだ瞬間は原体験として今でも鮮明に憶えております。
思春期の頃は様々な職業に憧れてみもしましたが進路選択の際、浮上してきたのはこの道だった、と言う訳です。

ウチの子供は毎晩私の作った晩ご飯を食べています。しかし毎日の食事作りは単なる「労働」です。からんでくる子供をあしらいながら作る料理は私も大・大・大の苦痛であり、苦行です。夕刻になり、日が傾いてきて「あぁ…今日も晩飯作りかぁ…」と考えると段々と気分が沈んできます(笑) このあたり、世の奥様方のご苦労に対してこよなく理解差し上げられる訳です(T^T)

しかしたまに余裕がある際にじっくり時間をかけて作る料理は気持ちが真っ直ぐに入り、気分がリフレッシュされる事も感じられます。やはり自分は「お料理だいすき!」だなぁ、と実感します(^^

何をどう感じるかは人それぞれ、感受性の違いなのですね。さあ、我が子の感受性はどうなのかな?

さて実はウチの母親は料理嫌い(笑) 美味しい物を作ろうという興味は皆無なのです(爆)
GW中は実家へ子供と二泊のお泊まりへ行きました。葛西臨海公園やお台場でまったりと過ごしました。

昨日も今日も二人でお留守番。子供の相手は楽しいですが自分のこなしたい用事やブログの更新がままならなりません…。それはおいといても生活上、必須の掃除洗濯すら子供がからんで来るのでもうフラストレーション。

私の場合期間限定ですが、世のシングルマザーやシングルファザーはコレがずっとですか…(;゜ロ゜) と思うと大変ですね。

皆さんはどんな風にして一日に時間をお使いなのでしょうか…?

お料理大好き! | 

▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。