Admin 

プロフィール

MASAAKI

Author:MASAAKI
もう夜は寒いですね


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場

スポンサーサイト
8月の末日に引越しを終え、新居もすでに4ヶ月目…引っ越しに関する一連の重労働はホントに思い返すのも嫌なほどでした。
料理コンテストは元よりブログ更新も億劫になる始末…しかし更新無しのブログは閉鎖されてしまうというお達しが来たので一先ず更新(^^;
多忙な日々の中でも自分が何をしたのか、何を感じたのかのかはココに記したいところ。
お気楽に更新しなくちゃね

夜更かしの供よ…キミが逝って早3か月…キャットウオークは使えなったねぇ…最後に自力で枕元に倒れこむようにやってきた夜の事は一生忘れないよ。
でもアッチじゃ親兄弟に
「オレが一番グルメした!」
と自慢の一つもしているのだろうね(笑)

YEY!(遺影)
miyaoyey
今年は『ガンダム生誕30周年記念』となり、様々なイベントやコンテンツが展開してきています。

さてわたくしはその中でも特に目玉にしていたのはガンダム・エキスポこと「GUNDAM BIG EXPO」でした。
2日目は土曜日でユウト、クラシックバレーのレッスンのために今日もまた引率は断念。
1日目より早く到着するも、既に2000人程の列が(^^;;;

さて、既に全日吟味していたお目当て声優陣の出演ステージ、

「ザビ家の肖像」

を150番以下でゲットしました( ^ ^)/
さてこちらの模様は前日同様、後日スカパーで放送されるそうなので、放映前のネタバレです。ご注意を。

女性司会者の登壇後、昨日に続きガンダム芸人ツッチー登場。

ツッチーの呼びかけに、ある時は往年の名台詞をからめたアドリブで応えつつ、ザビ家の面々が、ガルマ(森功至)ドズル(郷里大輔)キシリア(小山茉美)ギレン(銀河万丈)デギン(永井一郎)の順でお一人ずつ登場。なんとアフレコ時も含め、30年来このメンツが一堂に会したのは初めてだとか。
こちらも「ホワイトベース同窓会」同様、お一人ずつ印象に残ったシーンで生アフレコという趣向だそうで、イベントが始まります。
なんとスタッフが事前に持っていた腹案とキャストの要望が全員?一致したという凄い事?になったそうで、ファン特にジオン派のツボにはまるシーンな筈でワクワクとした訳です。
さて内容は、

ガルマ … 「は、謀ったなシャアっ!」「ジオン公国に栄光あれー!」 はい、ばっちりその通りですね ( ゚∀゚) 元々レギュラーと聞かされて参加していたのに5?6話程度で退場することとなった不満をコノ台詞にぶつけた!!と言うことです(笑)
僕が渾身の力を込めたお陰で今のようにガンダムが発展してるんじゃないでしょうかねぇ?
てなご発言。な、なるほど… いいとこ突いてますね(゜∀゜)
後は本人は人気が出たのが意外だったという台詞、

「笑うなよ、兵が見ている…」←もちろんガルマ声でサクッと披露。

ドキッとしましたね。
ご本人は冥土の土産にもう一度出演したいっておっしゃってました。叶うといいですね。



ドズル … 「やらせはせん!やらせはせん!やらせはせんぞー!」ソロモン攻略戦ですね。ご本人、ドズル役以降は“けだもの”調の役回りばっかりになってしまったので、一度でいいからカッコイイ役をおやりになりたいとか。ツッチーが「WB同窓会はリュウさん(飯塚氏)の体格が小柄だったので意表を突かれたが、がザビ家の面面は何となく絵面通りに体付きが似てる。」と言ってましたが確かに長身の郷里氏、この日のコーディネートがまぁ、かわいい事かわいい事!ソコのギャップ感を突っ込んで欲しかったなぁ(^^
ちなみにコレを見た郷里氏の知人が当時言われたのが…
「おまえ、すごい役やったんだね!奥さんと子どもを逃がして死ぬんだろ?名前がせんぞうって言うんだろ?」



キシリア … 「意外と兄上も甘いようで…」ギレンとからんで。当時はエフェクト技術が優れていなかったのでマスクをかぶった声色出すために手で口の前を覆っていて片手で台本めくるのに大変だったそうです。あとはシャアにバズーカで狙撃されたシーンですが、当時線画で声入れしていて、TVの絵よりはるかに鮮明に首が吹き飛んでいるシーンがきちんと書き込まれていて“ちくしょう”と思ったそうです。ま、そこで
「あたしの首が飛んでいくんです…」
というおちゃめな言い間違いの方が会場沸いた訳ですが ( ̄∇ ̄



ギレン … アレ?順番を飛ばされた……けど?



デギン … 「貴公はヒトラーの尻尾だな」あの辺をギレンとからんで。ファンならご存知、永井さんはオープニングのナレーション(もちろんコレも披露!)をはじめ“その他大勢”役をやったことで、デギンを演じたのは5話だがアフレコに行かない日(電車に乗らなかった日)は1日も無かったとの事。
でもなんとそのナレーション…福井晴敏氏が来春展開されるOVA「機動戦士ガンダム ユニコーン」で登場するキーパーソンにリンクさせよう、というスタッフの提案に思わず膝を叩いた!というネタバレが別ステージでの披露されてましたが…










そして演説台が舞台袖から登場!












「おおおおお!!!!」
会場は即座に反応。
いや?判る人には判るこのシチュエーション!
「ザ?ビ!ザ?ビ!」
  _  ∩
( ゜∀゜)彡 
 ⊂彡
のコールが発生(笑)








「我々は一人の英雄を失った…」







くぅ?????? たまんない!!
0(≧ω≦)0 0(≧ω≦)0 0(≧ω≦)0 0(≧ω≦)0 0(≧ω≦)0 0(≧ω≦)0

しかも耳に馴染んだアノ調子です。
やっぱりファンの気持ちって判ってもらえてるんですよね。
調子が違うと安心して聞いてられませんから(笑)
そして拳を振り上げて会場一体となりつつ

「ジーク、ジオン!!」×3唱

閉幕前に最後のもう一丁サービス。バックのイラスト通りにキャストが整列!
この時の会場のどよめきは最高潮でした。

ツッチーいわく
「あぁ、まじで今日のギャラいらねー」
コレ途中でも言ってましたから、2回目。
まぁ確かに昨日のWB同窓会より絶対盛上がってましたコッチ。
しかしツッチーのMCも流石に上手で、こういうガンダム好きな人がこういった場を取り持った方がいいんじゃないかと思いましたね。

画像はこちらに掲載される模様。

さて、小山茉美氏がオープニング時に
「このメンバーが揃うのは“最初で最後”ですから ? 」
という発言がありましたが誰も突っ込まない,否定しない。
銀河氏もなんか“微妙”な発言をしていたような気が…どなたか引退でもされてしまうんでしょうかねぇ?邪推でしょうか?

ジオン派なわたくし、ホントこんなすんごい処に居られたのがファン冥利に尽きるというもの。TVで放映されるとはいえ、会場の一体感的な空気を生で味わった至福感は生涯の宝ですね(爆)
インフルエンザの流行もあり、引っ越し前に体調を崩すのも問題と考え、翌日の最終日は断念する事にしたけれども、最終日は特に目玉なイベントも見当たらなかったし一日くらいの損より、もうこーんなスゴイの観たらこの余韻を最後にして自分の中には幕を下ろすべきだろうと考え、会場を後にしました。

この夏のアノ歓声と、拍手と、コール… 確かに胸に焼き付けました。
今年は『ガンダム生誕30周年記念』となり、様々なイベントやコンテンツが展開してきています。

さてわたくしはその中でも特に目玉にしていたのはガンダム・エキスポこと「GUNDAM BIG EXPO」でした。

そのイベント1日目の訪問の後、子ども達のお迎えを済ませて上さんの職場に預け、「燃え上がれ!Gソンナイト」に出かけました。
ユウトを連れて行こうとしましたが、夏バテか寝不足か

「やっぱり行かな?い」

との事で独り来場。
ま、これも昼間大分疲れた事もあり、立ち見の会場の様子から連れてこないで大分正解だったかと…(^^;

大分、後ろに並びましたが広場が広い事でかなり好ポジションをゲットできました。
プシュッっとビールを開けてゴクリとやりながら、歴代Gソングを華やかなレーザーイルミネーション&映像と共にガンダムを愛するご来場の皆さんと一緒に拳を振り上げ、踊り、歌うって一部か?な?…(^^; この至福の一時… 

はい、感激しすぎて涙が出てきました、マジで…


ガンダムファンやっててよかったと思える心躍るイベントでした。
今年は『ガンダム生誕30周年記念』となり、様々なイベントやコンテンツが展開してきています。

さてわたくしはその中でも特に目玉にしていたのはガンダム・エキスポこと「GUNDAM BIG EXPO」でした。
昨日の1日目は早朝から行動したかったためにユウト引率は断念。朝8時前に会場に着くも既に1500人ほどの長蛇の列が…(^^;

限定販売品にも魅力ありましたが、豪華声優陣のステージにロックオンして物販の列にはつきませんでした。大半は物販に流れた模様。
ステージも一人一回分取るのが関の山なので、吟味。そこで…

「ホワイトベース同窓会」

を二桁台でゲットしました ( ^ ^)/
チケットゲット後は物販を狙うも、こちらも既に2時間待ちのイメージという事で断念。
富野監督による「Ring of Gundam」を他の展示物をスルーして一番乗りで鑑賞!
短編CGムービーで、そうそうたるキャスト布陣ですがショートフィルムのためにあまりにも全体像が掴みにくく、肩すかしをくらった人も多そうでした…私もですが。
ただMSの動きや殺陣は秀逸かと。「アムロ・レイの記憶?遺産?」という気になるキーワードが。なんとなく「GUNDAM Mission to the Rise」を彷彿とさせました。その後の上映も間断無くされていました。

さて「ホワイトベース同窓会」のイベレポ!
後日スカパーで放送されるそうですが、放映前のネタバレです。
ご注意を。
ステージ自体はオープンだったので、立ち見スペースで他のステージも鑑賞できるのが良かったです。これまた他の展示物スルーでもっぱら幾つかのステージを鑑賞していましたが、やっとステージかぶり付きの椅子で鑑賞となりました。
各ステージの開演前にカウントダウンのイントロムービーがあるのですが、これがまたチョーカッコいいんです(^^

出演者はアムロ(古谷徹)フラウボウ(鵜飼るみ子)カイ(古川登志夫)ミライ(白石冬美)ハヤト(鈴木清信)リュウ(飯塚昭三)の各氏。これでお亡くなりになった鈴置洋孝井上瑤の両氏が居れば完璧なWBクルーですね、って何故スレッガーさんが来ていない…?(^^;
にしてもこれだけメンツが揃ったのは一度も無かったとか。貴重な場面です。

それと女性司会者の他,ガンダム芸人のツッチーがMCで登場。

お一人ずつ印象に残ったシーンで生アフレコという趣向。
う?ん、たまりませんねファーストガンオタには!

古谷氏 … ブライトさんに殴られた後「悔しいけど、僕は男なんだな…」というアレをフラウとからんで。

鵜飼氏 … ア・バオアクーでアムロのメッセージを受けて「アムロ!アムロなの!?」というあそこ。平凡人だったはずのフラウが覚醒したようなイメージが印象に残られたとか。ちなみにツッチーは各声優さんにキャラのイメージをかぶせていたようで、フラウとのギャップを突っ込まれてました。ハヤトと結婚したいきさつは「なんでアムロじゃないの?」と不本意だったとは何かで読みましたが、驚いた事に鈴木氏曰く「あんたじゃヤ?よ」と本人から直接言われたとの事でした(^^;
「じゃあ誰が良かったんですか」というツッチーの問いに実は「連邦じゃない、でもシャアじゃない、アレは無理、カイさんとか好きですよ!」という流れに。
古川氏は「なーんだ!そんなこと早く言ってよ!」と眉を下げたところ、古谷氏の「ミハルはどうなるんですか!!」という素早い突っ込みが(笑)
30年前の声を出すのに苦労しているとおっしゃってましたが、声質の変わらなさは郡を抜いて驚きです。「今だに独身!」なんてカミングアウトしちゃうお茶目もププっ!(∀`)
でも個人的には当時、セイラさんよりフラウに萌えていた自分なのでした (*´∀`*)

古川氏 … ベルファストで奇襲を受けるWBを見て「ホント、軟弱者かもね…」と独白した後に帰艦するとこ。カイの仲間を思う気概に成長っぷりを感じたとか。

白石氏 … WBのサイド6出港時カムランに「もう結構よ。お父様によろしく!」というアレ。人はみんな自分で何かを決め、判断して行動していく…そんなミライの強い決意をシンパシーを感じたとか。

鈴木氏 … 「アムロにはいつも勝ちたい、勝ちたいって…」ソロモン攻略戦で負傷したお馴染みのシーン。フラウとからんで。ハヤトの人となりを集約しているとかで。

飯塚氏 … 会場、大盛り上がり(笑)
      ここが本ステージの最大の山場だったのでは?オープニング時から「私は所詮、特攻隊ですから」などと妙な前振りをしていた飯塚氏。ん?どうやらアムロに30年来の恨みがあるらしい。「ここに脚本ありますが、私はこの通り読みませんよ!」という宣言に会場沸く。

シーンは負傷後、特攻直前に病室を抜け出すところ…

ベッドの負傷兵「ダメですよリュウさん、貴方が一番重症なんだから」

リュウ「そ、そんな事言ったてな…ホワイトベースが沈んじゃ何にもならんのだからな!」
    ※みたいな

と、言うはずが…

リュウ「そ、そんな事言ったてな… 






















































リュウが死んでもアムロは何も言わず、マチルダさんが死んだら“マチルダさ??ん!”なんだからな!
※そんな雰囲気のアドリブ
























































「ソコですか!!」
もちろん会場爆笑の渦。
一応?ハヤトを責め立ててたじゃないですか、妬いてるんですか?命を救ってやったのに、という恩義があるようでした。(笑)確かに個人的にはリュウさんの特攻シーンは全話中でもララア死亡シーンと並んで切ないシーンの筆頭なのであります。
でも古谷氏はアノ「マチルダさーん」絶叫時には録音前にたっぷり感情を溜めてから入れたのだそうなので…
古川氏はどうやら当時から知っていたようで、これを古谷氏にすら30年来話していなかったとは氏の口の堅さには何か畏敬すら感じましたが。

でもコレってWikiに追記されてもいいトリビアですね。
《 30年来、リュウは浮かばれずにいた 》
いずれ加筆されますよ、ホント(^^

ツッチーのならばここで追悼しましょうよ、という声かけで古谷氏が即興。


リュウさん…リュウさん…リュウさん…リュウさ??ん!!


正に耳に馴れたあのイントネーションまんまでご披露、お見事です。
満場の拍手!

飯塚氏は既にWikiで“ダジャレ好き”と書かれていましたが、壇上でもしょっぱなからその勢い見せてましたね?。
人造人間キカイダーで主人公より好きだったハカイダー役をやられていたようで驚き (;゜ロ゜
まぁわたくし的にはリュウさんのだみ声で「マチルダさ?ん」を聞けたのがメッチャ希少かと(爆)

World Hapinese 2009

高橋幸宏氏の声掛けで始まったという「World Hapinese 2009」に出かけてきました。

コレまたBBQ同様、どう考えても炎天下に相応しくないレクリエーションと思えるのに、すっかり夏の定番として定着した“野フェス”初挑戦でした。
天候は曇り的なものに助けられて何とかしのげましたが、炎天下の子連れであればこれはもうお目当てアーティストをピンで観賞しなければ、幼稚園程度の子どもの体力と集中力には土台無理な話です。
ユウトも連れて行こうとしましたが、上さんのクラシックバレー観賞が先約だったので一人でしたが結果的にはクワバラクワバラでした…(^^;

イエローマジックオーケストラ」名義でのイベントは初?久しぶり?とのことで選曲が大いに気になってました。のに、1曲目がビートルズの「Hello Goodbye」とはオッタマゲました!
千のナイフ」はYMOのコンサートでは前例はあまりない筈で、希少な上にとてもいい演奏だったのでスゴく気持ちよかったです(^^
どうにも正体不明だった曲はユキヒロの「Working to the beat」のアレンジ版だったような気が。しかし比較的、教授系の選曲が多かったでしょうか?YMOの曲とソロ曲をない交ぜ、かつ交互に演奏していたイメージでした。観客の反応でもとってるのでしょうかねぇ…?
でも絶対YMO曲の方が会場が「ドッ!」と沸くんですよね?(^^;

アンコールの「ファイヤークラッカー」も最高。往年のイメージの演出か?トークは一切無しで退場でしたが、トータルとして大満足なステージでした。出張帰りで駆けつけた同僚と落ち合い、二人して大声で気勢を上げて気分よく終わったのでした。

とにかく会場の雰囲気はとても好ましかったです。
YMOムーンライダースの影響か、ヤンママを含めた子連れも多く、白髪まじりのおぢさまもノリノリで踊るかと思えば、思い思いに昼寝する客も居るというユルさ。私もビールを1000ml以上飲んで昼寝もした訳ですが(^^;
こういった空気は子ども達にも味合わせたいのは確かですがもうチット体力付かないと無理かな…
NHK-BS 9月12日(土)23:30、放映だそうです。引っ越し後だから鑑賞、間に合う!(^^

さて、終了直後にあるお父さん@満面の笑み、
「どう!面白かったろ?」

子ども12歳くらい、
(=_=)「………」

訳わかんないよ…て感じか…
うむ、ウチの子ども達はうんと馴染ませてから連れてこないと駄目だな!?(爆)


P.S. 「相対性理論」というバンドは気持ちいいリズムで♀ボーカルが直立不動でタメて歌うのがとてもイカしてました。

引っ越し、間近に

新居も大詰めを迎えて決める部分も少なくなってきましたが、上さんから“許可”おりた46インチのアクオスDS6を物色するのが目下の楽しみです(^^
TVをダイニング側に90°展開できるTVラックを執念で発見!!SANUS社のマウンターでリビング側でもダイニング側でも視聴可!
THX仕様に統一したAVシステムと宅中に張り巡らした全長100mに及ぶステレオケーブルをインストールしたオーディオ周りはいずれじっくりと“ひけらかし”レビュー(笑)

子ども達の壁塗り体験もビデオに収め、後は荷物搬入前に子ども達にリビングの梁にぶら下がる遊具達をお披露目し、一生に一度なそのはしゃぎっぷりも撮らなくてはと親ヴァカ熱もヒートしてます。
引っ越し業者も決まり、荷造りも9割り方終了。

ミヤオはなんだか新しいおうちにはこれなさそう…。
うれしい様な、さみしい様ななんだか複雑です。
BBQってなんで“熱い”夏にやるのが主流っぽいんですかね?(笑)
まぁ家族や仲間が揃ってレクリエーションできる機会が夏休みってところからなんでしょうか。

以前からパパ友でプラニングしていたBBQを公園でやりました。
野菜の仕込みは幹事ご一家と有志ママがやって頂けたので、私はひと手間かける“イカ”と“豚スペアリブ”を担当しました。

イカは丸焼き用とワタとゲソを使った肝焼きに。
豚スペアリブは和洋中に味にアクセント付けました。

和=醤油、砂糖、みりん、スライスにんにく、スライス生姜を一煮立ちさせた甘め汁に漬け込み。いんげん添え。
洋=オリーブオイルとハーブの茎、角切りにんにく、塩胡椒でマリネ。エリンギ添え。
中=トウチイ醤テンメン醤、おろしにんにく、おろし生姜、ごま油で漬け込み。山芋添えで。

一度炭火で表面を焼き、添え野菜とそれぞれの漬け込み汁と共にホイルに包んで焼きました。好評でした?

あとはイタリアンサラダを提案したのですが、スティックサラダwithマヨネーズにするということなので特製ソースを抜き打ち持参したものも好評でした。
こちらはマヨネーズ、バター、アンチョビペースト、胡椒、おろしにんにくで合わせたものです。マヨネーズがあるので少しでいっか、と思っていたらあっという間に無くなって、
「コレ、もっとあります??」
てな売れ行きでした(^^
作り方も随分と聞かれましたね、これ。

色々なアイディアを出して考案したゲーム大会も、兄姉・弟妹含めて子ども達も喜んでました。
でも一番?楽しかったのは荷物を運んだ“台車”でのジェットコースター遊びだっという噂も…(^^;

何よりも子ども達が楽しそうに遊ぶ様子と笑顔が最高の収穫です!
近頃“幼児言葉”でおしゃべりがさかんなALIS。

しゃじろ=しまじろう
ベボ=メビウス(ウルトラマン)
タラエモん=ドラえもん
オケモん、ラテモん=ポケモン

arisdesk.jpg


もうすぐこのお家とはお別れだ。
火の前も怖くなくなったユウト。
yutorenji.jpg
今度のキッチンはパパちゃん仕様で高さが90センチあるぞ。大丈夫か?

チョコ大好き。許可無く物を食う?のはユウトより旺盛(笑)
arisho-.jpg

運動神経はユウトの方がちょっと上かな?
でも彼女の負けず嫌い精神はどうやって活かせばいいのだろう…
a090503.jpg

王子様とお姫様の結婚式だそうです。
ay090401.jpg

ウイキペディア

調べもの先として、すっかり定着した感のあるウィキペディア。非常に重宝なのは確かですが、元はネチズンが無償で構築してきたコンテンツな訳ですから、公平性や信憑性については閲覧者が少し色眼鏡でもって閲覧しなければいけない、という認識はユーザー側にどれだけ浸透しているのでしょうか?
大手の新聞社か教科書会社だか何かがソースにまるまる引用したというニュースにありましたが、それは頂けないものです。

ウイキペディアが寄付を募り始めてもう7?8ヶ月が経とうかと思います。
昨年のドル安の勢いを買ってぽーんと気前よくいきましたが、寄付者のコメントはあっというまに欄外となって、探すのも困難になりました。
それだけ寄付者が多いという事は、こいういったコンテンツにお金を出そうという動きはWEB2.0などと呼ばれているネット新風の息吹を肌で感じます。

Wikipedia Affiliate Button

╋━━━…‥・ … ╋━━…‥・…━━╋━━━…‥・ ━┻━━╋━━╋━━━…‥・╋━

↓ブログランキングに参加中です!
「ごちそうさま?」のあいさつ替わりに1日1回ポチ!っとして頂ければ幸いです(^^ゞ

               

╋━・……・…‥・…┃━━━┃…‥・…╋━…‥╋━━━…‥・…╋━・…╋・……・‥・╋━

お料理大好き! | NEXT |

▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。